沖調の特色

プロの調理師としての知識・技術を確実に習得するための指導と社会に貢献する人材の養成にも力を注いでいます。


沖縄調理師専門学校では、他校では行われていない当校オリジナルのユニークな実習や制度により、学生の技術と個性を伸ばす教育を行っております。

 
沖調の特色①

指導のプロである専任講師による、学生一人一人に合わせたきめ細かい指導で個々の学生の成長を着実にすすめます。また、特別授業では一流の技術を持つ、現場で活躍するプロの講師陣による直接指導者やアドバイスでより実践的な技術を身につけます。

沖調の特色②

包丁や調理器具の扱い方→食材の切り方や扱い方→基本の料理の作り方→応用の料理の作り方と順に学ぶことで着実にステップアップできるカリキュラム。
卒業後も自分の力で成長できる力が身につきます。

沖調の特色③

基礎知識・基本技術を学ぶ授業と実践現場の授業を体験することで、より高い応用力と想像力を身につける事ができます。(例)集団調理実習・沖調レストラン・校内料理コンクール・卒業制作発表会・企業とのタイアップによる商品開発 等

沖調の特色④

①授業前や放課後に実習室で自主練や個人指導が受けられます。
②授業+αで成長を目指す学生は、料理コンクールに出場したり新聞などでオリジナルレシピを発表できます。(例)技能五輪大会・調理技術競技大会・週刊レキオのレシピ連載 等

沖調の特色⑤

学ぶ、指導することは、お互いに共感と信頼を築き、話しやすい環境があることがとても大切です。長年の専任指導経験を生かし、学生ひとり一人寄り添い学びやすい環境づくりを心がけています。

沖調の特色⑥

社会人としての基本を身に付けるビジネスマナーや、地域のイベントへ参加して料理を通して社会貢献をする心を育てます。(例)ビジネスマナー、企業ガイダンス、泊ゆいまちマグロレシピ選手権、具商デパート・防災PRイベント