沖調の設備

プロが使う本格調理器具を配置
調理技術・衛生面ともに理想的な実習環境を実現

4つある実習室は、実習の効率性、教育効果を計算し尽くした無駄の無い配置と設備になっています。
実習室とその周辺はグリーンゾーンとして厳密に区別され土足での進入を厳禁とし、必ず調理靴で入らなければなりません。調理師として何よりも重要な衛生に対する意識をここでも徹底して身に付けます。また、学科講義を行う講義室には視聴覚設備や実験を行える設備を配置し、机上と実践面から調理師に必要なすべてを学ぶ体制を整えています。

 
沖調の設備

小人数で効率的に幅広く実習できるように、調理台での「切る・こねる・のばす」といった作業が出来るスペースを確保。さらにフライパンでのソテーや片手鍋でのソース作り、コンベンションオーブンやサラマンダー(上火式焼き物器)を使っての調理が行える設備を整えています。

設備

設備
設備

 
沖調の設備

日本料理実習室には8名が同時に作業できる板場、焼く・煮る・揚げる・蒸すの作業が同時にできる5口の外管式ガステーブルが4台、3台の万能焼き物器、スチームコンベンションオーブンを配置しています。
機能を集中して少人数で実習を効率的に行うため、日本料理の基礎「五法」を確実に習得する環境が整っています。

設備
設備

 
沖調の設備

デモンストレーション台の上部空間には講師にの手元が見えるように大型の鍵を装備。
西洋料理、日本料理、琉球料理、中華料理とさまざまな実習に対応できる設備を整えています。

設備

 
沖調の設備

調理実習スペースとレストランスペースに分かれます。調理自習スペースにはオール電化の調理機器が配置され、小さなスペースでも大量の調理が可能です。テーブルが配置されたレストランスペースは集団調理実習時のサービスの場やマナー講習等幅広い用途に対応します。

設備

 

沖調の設備

小人数で効率的に幅広く実習できるように、調理台での「切る・こねる・のばす」といった作業が出来るスペースを確保。さらにフライパンでのソテーや片手鍋でのソース作り、コンベンションオーブンやサラマンダー(上火式焼き物器)を使っての調理が行える設備を整えています。

設備

設備
設備