活躍する先輩たち

プロの調理師として第一線で活躍している卒業生。
さまざまな分野で輝いている卒業生は沖調の誇りです。先輩調理師からのメッセージは皆さんへの大切なアドバイスです。


活躍する卒業生
活躍する卒業生

私は夜間部8期の卒業生です。高校卒業後、昼間は仕事をしながら沖調を卒業しました。現在はチームを動かす立場で調理未経験者と一緒に仕事をする事もありますが0スタートでは効率が悪く、続かないことがあります。学校で専門の講師から実学習すると現場では大きく役に立ちます。学ぶ価値を100にできるか、10にするかは本人次第です。皆さん頑張って下さい。



活躍する卒業生
活躍する卒業生

「医食同源」という言葉があるように「食」は健康と深く関わっています。
日本料理は旬の食材を「五味、五色、五法」で効率よく、栄養バランスを考え調理する料理です。調理師はお客様に料理で感動していただき、幸せを感じてもらえる仕事です。
私は沖調で料理の知識や技術の他に、味の最後の決め手は料理人の「おもてなしの心」という真心だということを学び、現場で活躍しています。
これから調理師を目指す皆様も夢に向かって一歩ずつ前進して下さい。調理師はとても楽しい仕事です。



活躍する卒業生
活躍する卒業生

私は幼いころから甘いものが大好きで、沢山の美味しいものを食べたい、作りたいという夢がお菓子作りの仕事に就いたきっかけです。
沖調では、衛生に関する知識や調理をするうえで気を付けなければならない事などたくさんのことを学び、身につけることができました。また、仲間と協力する大切さも学ぶ事ができました。
これから学ぶ皆さん、夢の実現めざして頑張ってください。



活躍する卒業生
活躍する卒業生

在学中は幅広い年齢層のクラスメートと共に専門知識を学ぶ事で自分自身を高める事ができました。最近は健康志向ブームもあり「食」に関する職業も広がり、私自身も今までの経験を生かし、自由な感覚で楽しめる食事作りや暮らしをテーマに仕事をしています。
「一期一会」を大切に地道な努力と自分自身が楽しんで仕事に取り組むことで道は開けていくと思います。



活躍する卒業生
活躍する卒業生

私は大阪の日本料理店で頑張っています。季節の移り変わりを肌で感じ、四季ごとに変化する食材や料理に直接触れることができ、一日がとても新鮮です。
不安を感じることもありますが、先輩方の指導や支えで乗り切っています。
日本料理を目指す方は、是非県外へ出て四季の変化を肌で感じてほしいです。

関連記事:沖調トピックスより(掲載2019年1月8日)
大阪の北新地で、自身の和食店「川根政健」をオープンした卒業生!

 

 

活躍する先輩ズームイン

活躍する卒業生

兄が調理師として活躍する姿に憧れ、将来の夢は自分のレストランを持つことでした。

開業するにあたり、料理のことは勿論、お店のデザインや内装、お金のやりくり、従業員の確保など、やることが満載で本当に大変でしたが、開業した今、多くのお客様に加え、家族・友人・知人が食事に来てくれ、美味しいといってくれることに喜びを感じています。

振り返ってみれば沖調卒業後、調理師としてイタリア料理を極めるには、本場を見ないと何も語れないと思い、イタリア留学を決意しました。いざイタリアへ出発し、ローマに着くと目的地のフィレンツェ行きの飛行機がストで飛ばず…イタリア語も喋れず不安がいっぱいで一睡もできませんでしたが、2日後にやっとでたどり着いたその日の夕方から修行が始まりました。

そして3年間フィレンツェ、ミラノ、ボローニャ等の名店でイタリア料理の真髄を習得するために、一流シェフのもとで厳しい修行を重ねました。

忙しい修行の合間にシェフの家に遊びに行った時、彼のお母さんが作ってくれたチョコレートケーキの味は、最高でした。また、カターニアの田舎食堂で食べたカポナータの味も忘れられないイタリア料理の一品です。自分のお店では、私が修行した一流レストランの味に加えて、あの時に味わった感動の味、心あたたまる本場の味を活かした料理を提供するよう努めています。

オーナーシェフとして独立した今、自分の基礎を築いて頂いた沖調と当時の友人たちに感謝するとともに、懐かしい気持ちでいっぱいです。

活躍する卒業生

活躍する卒業生

活躍する卒業生

「クッチーナ イタリアーナ TAMAHANA」は、レンガと木造りでアットホームな温かみのある雰囲気。くつろぎ感のある居心地良さを感じます。ランチタイムは予約を取らないと入れない日もあるほどの人気店。現在、奥様と一緒に店を切り盛りしています。

活躍する卒業生