本格的な料理も作れるようになってきました(*’▽’)

沖調2年制コースの1年目の学生は、入学して10ヶ月がたちました。

入学したときは、包丁の使い方もままならない・・・(;´・ω・)
初めて包丁を持つ学生もいて、いつ手を切ってもおかしくない!

そんな学生たちが、本格的な料理を少しずつ作れるようになってきました(*’▽’)

沖調2年制コースの1年目・子羊のロースト

今回学んだのは、子羊のロースト!

外国の要人を日本に招いての晩餐会などで、提供される肉料理は子羊とも言われるほど、フランス料理の中でも王道の食材になります。

最近では、スーパーでも見かけるようになってきた羊の肉。けど、普段口にする機会はあんまり無いですよね。

学生たちも、子羊に限らず学校に来て初めて触る食材・食べる食材がたくさんあります(*’▽’)

沖調2年制コースの1年目・子羊のロースト

沖調2年制コースの1年目・子羊のロースト

基本の子羊の下処理のやり方と、フランス料理の調理法のローストの復習をしながら料理を仕上げていきました。

子羊の匂いが苦手な学生もいますが、ソースにマスタードとハーブを入れて食べやすくなっているのでとても美味しいですよ(*’▽’)