イタリア仕込みの手打ちパスタにチャレンジ!〜西洋料理特別授業〜

卒業も近づいてきた夜間部では、カヴァテッリという、本格手打ちパスタにチャレンジ(^O^)/

講師には、沖調を卒業して東京・イタリアで経験を積み、沖縄でイタリアレストラン『クッチーナ・イタリアーナ・タマナハ』のオーナーシェフを務める、玉那覇彰先生をお招きしました。

イタリア仕込みの手打ちパスタにチャレンジ!〜西洋料理特別授業〜

パスタ用小麦粉のセモリナ粉と卵・ぬるま湯・塩で作るショートタイプの手打ちパスタで、カヴァテッリとはイタリア語で掘るという意味もあるみたいです。

細長くして長さを整えた生地を3本の指で押さえながら手前に引きながら形作るのですが、その指の動きはまさしくパワーショベル!パスタの生地を掘るように作てくぼみをつけています(*’▽’)

このくぼみに、ソースが絡まり美味しくなるんです!

イタリア仕込みの手打ちパスタにチャレンジ!〜西洋料理特別授業〜

学生も自分のものは、自分で作りますが、なかなかうまく形作ることができません(T_T)

作り方はわかっても、コツをつかむのには経験が必要です!

やっと慣れて形ができるようになり出した時には、もう生地がない・・・

ウマくなるには、自分で作って復習をすることも大事です!

イタリア仕込みの手打ちパスタにチャレンジ!〜西洋料理特別授業〜