【学科講義】調理理論

昼間部は12月21日(金)で年内の講義・実習を終了しました。

12月に行われた講義の中から「調理理論」を紹介します。
調理理論では実験を数多く行います。

豆乳とにがりと塩を使って、たんぱく質がミネラルによってどのような変化が出るのか実験しました。

ファイル 253-1.jpg

この実験を成功させるには、にがりを入れるタイミングが重要!
72℃〜75℃に温めた豆乳の中ににがりを入れないとうまくいかないんです!
さぁにがりを投入!

ファイル 253-2.jpg

材料の状態を変化させるのは、温度や時間だけでなく、他の材料の成分によっても変化することを学びました。
意外と簡単に豆腐もできてしまうんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です