「こんなにでかい肉の塊を切るなんて・・・・」
さすが、調理師学校・・・(;^ω^)

ファイル 653-1.jpg

使う道具がプロ仕様なら、扱う食材もプロ仕様です!
牛フィレ肉は、他の部位の肉よりもお高い肉です。

ファイル 653-2.jpg

学生は、肉の下処理の方法を学んでいます。
でかい肉の塊を処理するのは、やはり肉食文化の西洋料理ならではです。

下処理の終わった牛フィレ肉は、ステーキにしておいしく頂きました。(≧▽≦)
今回は、一人一人肉の焼き加減を調節する方法を学んでほしかったので、自分のステーキは自分で焼きました。

ファイル 653-3.jpg

目指すは、肉の中が赤く仕上り、やわらかく食べられる焼き加減の『ミディアム』を目指します。
みんな、思うように焼けたかな?

ファイル 653-4.jpg

ファイル 653-5.jpg

ちょっとリッチな気分になれる、ステーキはやっぱりみんな好きなんですね!
いつもの試食の時より、みんなテンション⤴⤴⤴です。ヾ(≧▽≦)ノ
おいしく学べて国家資格を取れる調理師学校は、やっぱりサイコー!!