花ぼうるは琉球王朝時代から現在まで高級な焼き菓子として、祝い・法事両方に用いられているお菓子です。

琉球王朝菓子で使う卵は卵黄だけといわれていますが、この花ぼうるも卵黄と砂糖、小麦粉で作ります。

一見型で抜いたように思われますが一つ一つ手作業で作ります。

花ぼうるは南蛮から日本に伝わり、江戸時代の江戸では非常によく食べられた菓子のようですが、現在沖縄にのみ残っている貴重な菓子なので大切にしたいものですね。