琉球料理実習では「イラブーシンジ」を学びました。

イラブーとはエラブウミヘビのことです。
なんとコブラ科のヘビなんですよ!

琉球王国時代から滋養強壮に効果があるとして珍重されてきました。
煮だした汁にその成分が凝縮されています。

煮だす時間は7〜8時間かかります。
かなり手間のかかる料理ですね!

ファイル 556-2.jpg

ファイル 556-3.jpg

もともとは王朝で珍重されていただけあって当時はえらい人々の口にしか入らなかったと思われます。
今でも高価な食材ですが、庶民の私たちでも食べられるものになりました。
一度は食べてみてはいかがでしょうか?