今回紹介する在校生は夜間部の上原信孝さん(社会人から入学)です。

ファイル 412-1.jpg

上原さんは以前、消防士として活躍していたんですよ。
消防士の時には、交替でまかない料理を作っていたそうです。
元々料理好きだった上原さんは、「もっと料理が学びたい!」ということで沖調に入学しました。

「料理は楽しいですよ。消防士時代には、作る度に仲間がおいしいと言ってくれたので、嬉しくて、沖縄そばも豚だしを取ってソーキも煮込んで作るぐらいはりきってましたよ。

消防士は定年で退職したので、今度は老後の楽しみとして、本格的に料理を学んで家族のために作ります。」