3組  

沖調には、宮古・石垣・久米島、そして県外からもたくさんの学生が入学してきます。

沖縄本島以外から入学し、一人暮らしでがんばっている学生に一人暮らしについていろいろ聞いてみました!

第1回目は重枝愛美さん(鹿児島県立大島高校出身)です。

ファイル 4-1.jpg

**アパート探しはいつごろから?

3月の中頃です。ちょっと遅かったですね
もう少し安い物件にしたかったのですが時期的にどうしても物件数が限定されてしまいました。
1ルームは台所やバストイレがコンパクトに出来ているので持って行った3穴のガスコンロが入る台所、という点でさらに限定されました。

**引越しで気をつけたところは?

家電を含め生活に必要なものは沖縄に来てから買い揃えましたがすぐに使うタオル、雑巾、トイレットペーパー、ティッシュなどは持ち込みの荷物にいれました。

**一人暮らしで注意した点は?

住むなら治安のいい所。夜遅くまで賑わっているような繁華街の近くは避けました。
また、防犯のため住むなら3階以上と決めていました。
セールスを含めインターホンがなっても容易には出ないようにしています。

*一人暮らしで困った事は?

やっぱり発熱など体調不良の時は心細かったです。
でもそのあとは逆に体調管理に気をつけるようになりました。寝込んで困るのは自分ですから。

*やりくりに工夫している事はありますか?
一週間の食費は5000円と決めています。足りなくなるとお小遣い分からマイナスに、あまったらプラスになるので楽しんでやっています。
ご飯は一度に5合炊いて一食分づつ冷凍庫にストックしています。
食欲がない時もとりあえず白いご飯。いつでも温めて食べられますし、手間も電気代も節約になります。

とても堅実に毎日を暮らす重枝さんです。
これから一人暮らしをする皆さん、参考になりましたでしょうか。
なお重枝さんは学校生活優先でアルバイトはしないと決めているそうです。